洗車におすすめの高圧洗浄機はヒダカの【HK-1890】に決定!

十分に納得できる洗車に最適な高圧洗浄機

こんちは、車を洗車するのが大好きな横山といいます。

しっかり高圧洗浄機を使っての洗車を終えた後の爽快感……たまりませんね!!


ところで愛車を洗車しようと思い立った場合、多くの人は、ガソリンスタンドなどや自宅でする事がほとんどではないでしょうか。

ガソリンスタンドなどに設置されている自動洗車機などを使うと、1回つき1000円近いお金を取られてしまうので、月に何度も行くのは家計の負担になってしまいます。

かといって、自宅でスポンジなどを使って自分でするのも定期的にするには、時間も手間も掛かって面倒に感じてしまいます。

そんな洗車を劇的に楽にするのが、高圧洗浄機なのです。

高圧洗浄機は、その強力な水圧で壁などの汚れを落とすのに利用されますが、先端のノズルを交換する事で洗車に使う事も出来ます。

その魅力は何と言っても、普通の水道のホースで洗う時に比べると、細かい砂やほこりを水圧で一気に吹き飛ばせるので、車の狭い所に入り込んだゴミや汚れを簡単に取れます。

いちいちブラシなどでゴシゴシするよりも圧倒的に速く取れるので、洗車時間の短縮にも繋がります。

まして、細かい砂やほこりが付いたままスポンジなどを使って洗ってしまうと、大事な愛車に傷を付ける事にもなってしまうので、最初に行うすすぎを高圧洗浄機で行うと、そうしたトラブルを未然に回避する事にもなります。

また、ノズルガンを握れば水が出て、離すと水が止まる仕組みの物がほとんどなので、水道で水を出しっぱなしにしているよりははるかに節水になるのです。

とにかく何を取ってもいいこと尽くめなのが高圧洗浄機!

そんな高圧洗浄機を、遂に私も念願叶ってボーナスで購入したのです。

やっぱり高圧洗浄機から出る水の勢いや広がり、普通のホースと比べると半端じゃないので、洗車が終わった後はすこぶる気持ちいいのです。


私の場合、今まで洗車と言えば家の車庫で普通のホースを使って車を洗っていたのですが、たまたま洗車をしようと思った時、いきなり断水になってしまったのです。

なんだかしゃくにさわり、コイン洗車場に出掛けていったのですが、そこで初めて高圧洗浄の威力を、身をもって体験してしまったのです。

あっ、コレは最高にいい!……って思った次第です。

それ以来、その水圧の気持ち良さが癖になってしまい、何回か通ったのですが、私の場合、洗車のサイクルが早いということもあって、金善的に結構かかってしまうということがわかったのです。

それだったらいっそのこと、車の洗車用として高圧洗浄機を買ってしまおうと!……


でもその時は、なにせ車にお金をかけ過ぎていたため資金不足。

次のボーナスが出るまで、しばらく我慢することに。

その間、徹底的に「洗車に向いてる高圧洗浄機」を調べ、いろんなメーカーを比較しました。

まずは、コイン洗車場に設置されてる高圧洗浄機。

その吐出圧力は、おおむね8.0MPa~9.0MPaということがわかりました。

それから水量。

洗車場のものは700~800L/hらしいのですが、これに相応するには業務用でないと、この数値をクリアできないことがわかりました。

業務用の高圧洗浄機になると、ゆうに5万円以上……

これだと予算的に相当きついので、諦めることにしました(泣)

そして、ケルヒャー、アイリス、リョービなど各メーカーから出てる家庭用の高圧洗浄機のスペックや洗浄能力を比較。

車の洗車に最適な高圧洗浄機はどれだ?

そこで行き着いたのが、ヒダカというメーカーの高圧洗浄機【HK-1890】でした。

洗車におすすめの高圧洗浄機【HK-1890】…口コミを調べてみた!


高圧洗浄機 洗車 口コミ
※出典:日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


ヒダカの高圧洗浄機【HK-1890】、口コミを調べてみました。

何しろ評判がすこぶるよろしかった!

こんな感じでした。


 なり~の愛車 [マツダ CX-5]

念願の高圧洗浄機です。
某K社と迷いましたが国内メーカーで、吐出圧等の観点からこちらを選定。
トータル的には十分な能力で満足しております。
フォームランスプラスがセットの物を買いましたが、一瞬で泡になって気持ちいい?


 ViVa La F...の"パンダのハナコさん" [フィアット パンダ]

フォームランスプラスとかいう泡洗浄ノズルが付いたセットを購入しました。
洗車場に行くのが面倒で、あまり洗車をしなかったのですが、めっちゃ洗車するようになりました♪
フォームランスプラスはけっこう泡アワです。
ただし、付属の洗剤の泡切れがいいのである程度で無くなりますが、地面も泡だらけなのが難点かな? なのであまり使用しません。
個人的には無くてもよかったかも?
他社の高圧洗浄機を使ったことがないので比較は出来ませんが・・・
価格的に考えても『買い』だと思います。


 nanborghiniの愛車 [マツダ CX-5]

主に、冬季の車体腹下に付着する融雪剤を除去する為に購入。
初めての高圧洗浄機購入にあたって、なんの予備知識も持ち合わせていなかったので、有名メーカーの物か、数千円で入手出来るお手軽な物を購入しようと近所のホームセンターに出向いたが、その日はなんとなく決めきれずにネットで色々調べることに…。
どうやら、中途半端な商品を購入して、二台目を再購入される方もいらっしゃるようで、僕は最初からハイスペックな物が欲しくなりましたw
ヒダカのKH-1890は、家庭用高圧洗浄機の中でも最高クラスの常用吐出圧力 9.0 MPa を発揮。
実際使用すると、凄い水圧です。メーカーで施工された防錆アンダーコーティングをも剥がしてしまう勢いにびっくりしましたw
(以後、少し弱めで使用しています。)
準備は少々面倒ですが、洗車の際、一家に一台あると便利かも?
購入価格は、バリアブルアンダーボディスプレーランス、セット込みの値段。


洗車におすすめの高圧洗浄機はヒダカの【HK-1890】に決定!

     価格:22,800円(税抜)


実はこのヒダカというメーカー、東芝やケルヒャーなどの高圧洗浄機の販売をしている会社。

いわば、【HK-1890】は高圧洗浄機を知り尽くした販売会社が開発した、オリジナル商品だったのです。

洗車に最適な高圧洗浄機…ヒダカ【HK-1890】は、スペック的に水圧が最大が12.0MPaで常用でも9.0MPaもあります。

コイン洗車場の吐出圧力8.0MPa~9.0MPaとほぼ同等で、各メーカーから出てる家庭用高圧洗浄機の中で、最も高い数値を表していました。

そして、モーターは静かに回転するサイレント仕様

家庭用の場合は、発電機並みの騒音を発するモデルも多くあるようですが、【HK-1890】はそんな心配はないのです。

それから、大きなタイヤが付いてるので、移動も楽ですね。

しかも驚くべきはその値段

さすがオリジナル商品だけあって、候補の1つになっていた【ケルヒャーK3】に比べたら約1万円も安い22,800円だったのです。

車でいうと、ベンツを選ぶかクラウンを選ぶか……みたいなとこでしょうか。

ユーザーの声を反映させたというのは、本体性能だけではありません。

セットとして付いてくる付属も、十分に納得できるものでした。


洗車のノズルは、圧力の調整が可能なノズルと、らせん状に水を強力に出すターボノズルの2本が付きます。

ガンに装着して使用しますが、ガンには誤操作を防ぐロックスイッチ付き。

その他、利便性の良い付属類がしっかり揃えられていました。

キッチリ調べてキッチリ決めた……って感じで、この高圧洗浄機にして本当によかった!

この【HK-1890】……洗車には最高!……おすすめいたします!!


購入サイト

車の洗車にお勧めの高圧洗浄機【ヒダカ・HK-1890】の購入はコチラ



■LINK■